検索
  • higouti

夜と霧



アウシュビッツからダッハウに送られたとき、わたしたちおよそ2000人の被収容者を運ぶ列車は、真夜中にウィーン市内のある駅に停まった。

その家並みの一軒でわたしは生まれ、追放された日まで何十年もそこで暮らしていた。

わたしたちは狭苦しい護送車に50人ずつ詰め込まれていた。

護送車には鉄格子のはまった小さなのぞき窓がふたつあいている。

爪先立ち、人びとの頭越しに、鉄格子の向こうに見たふるさとの町は、やけに幽霊じみていた。

子供時代を過ごしたふるさとの通りや広場や家並みが見えても、まるで自分がすでに死んでいて、幽霊になって見下ろしているような気がした。



ヴィクトール・E・フランクル『夜と霧』より