検索
  • higouti

クロード・岡本を讃える


『クロード・岡本』(みすず書房)より



クロード・岡本

1946年8月、パリ市14区にて生まれる。

1949年、2歳8ヶ月、初めて絵を描く。

1950年、『みずゑ』9月号にて初めて紹介される。

1951年、パリにて初個展。

1952年、東京にて展覧会。

1953年、パリにて第2回個展。

1954年、パリ出発、神戸着。

    東京ピカデリー劇場壁画(250号)制作。

    初画集出版。


以降、毎年個展開催。

装画、挿し絵など、図案の分野でも活躍。




1963年、絵本『てじなしとこねこ』(こどものとも・福音館)発表。

1966年頃、ビートルズ日本編集盤のジャケットを手がけるも、発売中止に。

ジャケットは現存せず(四羽のひよこ)。

元絵の詳細も不明。

以降、詳細不明。




クロード・岡本は、描くことをやめてしまったのだろうか。




「少年画家」は天才でなくてはならない。

天才は早熟であり、熟した実は落ちやすく。



『てじなしとこねこ』(こどものとも89号・福音館)



「てじなしとこねこ」。

この素敵な絵を、どんなベテラン画家が描いたのだろう、と思っていた。

この絵本の作者、クロード・岡本の絵を沢山見たいと思った。

線と色とに心を動かされた。

心を鼓舞し、洗練をもたらしてくれた。

そして、あたたかい絵だった。

調べてみると、なんと、少年の描いた絵だった。

しかし、手に入れた二冊の画集と、『てじなしとこねこ』の他は、なんの手がかりもない。

収蔵している美術館はあるだろうか。

ピカデリー劇場の壁画は現存するのか。

そして、今も描いているのか。

当時は個展も盛んにやって、絵も沢山売れたろうから、今でもどこかのお屋敷やレストランなどの壁で、忘れられながらも静かに息づいているかも知れない。

絵も年をとったろうか。

クロード・岡本の絵。

子供の絵。

よく見て描いた絵。

おしゃれな坊やの絵。

一瞬の異彩を放った、幸せな絵。


まだ見ぬ彼の絵に、少しずつ出会っていけたら。


左『クロード・岡本 少年のえ』 王様芸術部 1954

右『クロード・岡本』 みすず書房 1959



(2010年執筆記事)