検索
  • higouti

Vivian Maier



ヴィヴィアン・マイヤー。

モノクロのもいいけど、カラーもたまらん。


生きていても、故人でも、この写真の評価は変わらない。

この世にいようがいまいが、どういう人生を送ろうが。


ただ、評価を得ることなく、誰の目にも触れることなく、この写真の束がこの世から廃棄されても不思議はなかたった。


だとしたら、やはり神様はいるのか。

それとも、あらゆる意味は、実は意味のないことであり、単なる勘違いに過ぎないのか。

だって、彼女には伝えたいメッセージはなかった(はず)。


この人はちょっと怖さもある。

ダイアン・アーバスより怖いときがある。

それが美意識なのか、無意識なのか、無神経なのか、そんなことは知らない。

でも、そこにしびれる。