検索
  • higouti

及川恒平さん

更新日:2021年9月18日


岡本忠成さんの人形アニメを見ていたら懐かしい歌声が聴こえる。 及川恒平さんの歌。

詩人がギターを弾いて歌っているような人。


恒平さんの歌はちょっとこわい。


 季節はずれの風にのり  季節はずれの赤とんぼ  流してあげよか大淀に  切って捨てよか大淀に  (面影橋から)


『面影橋から』を歌っていた頃、恒平さんは面影橋がどこにあるのか知らなかったという。 続いて出てくる「日影橋」にいたっては、架空の橋だったとのこと。

(『面影橋から』は田中信彦氏との共作)


初めて聴いたとき、そのぶれない鬱屈(というのは変だけど)に憧れた。 詩人だなあと。


Nowplaying『冬の音(糸車・風の音)』