検索
  • higouti

ピート・ベスト


ピート・ベストがデビュー直前のビートルズをクビになった理由をいくつか書いているサイトがあって、そのひとつに髪型のことがあり、「テディボーイスタイルのリーゼントを他メンバーと同じようにしなかったから→協調性に欠ける」とあった。


それは違うと思う。

1962年にロリー・ストーム&ザ・ハリケーンズのリンゴ・スターがピート・ベストと入れ替わったとき、リンゴもまだリーゼントだった。

"Please Please Me"や、82年に出た12インチシングル"Love Me Do"のジャケットを見れば一目瞭然。


ロックバンドに協調性もク◯もない。

やはり技術というか、ノリ、フィーリングの問題だったんだと思う。

そして、近年プロデューサーのジョージ・マーティンが「ドラマー交代については口出ししていない」と証言。

それまでピートのクビを提案したのはジョージ・マーティンとされていた。


やはり言い出しっぺはポールだと思う。

先に脱退したベースのスチュワート・サトクリフも、そしてピートも、脱退させたのはポールの音楽性、向上心によるものだったのでは、と思う。

スチュワート・サトクリフは画家であり、音楽活動にはさほど興味もなく、あくまでも親友ジョン・レノンとつるんでいたいだけのことだった。


そして、ピートはメンバーの誰よりもハンサムだった。

やっかみがあったとは思えないが、バンドの進むべき方向性は、ピートと他の3人とでは違っていたのかも知れない。


ポールの思惑はジョージに伝わり、ジョージからマネージャーのブライアン・エプスタインに提案し、ブライアンはピート・ベストにクビを告げた。


当時既にロードマネージャーとしてビートルズを支えていたニール・アスピノールはピートの親友だった。

ピートのクビに激怒したニールは抗議したが聞き入れられず、ビートルズなんてもう知らん!と辞めるつもりでいたが、それをなだめたのはピートだったという。

ニールはなんとピートの母親モナと恋仲で、モナはまさにこの1962年に二人の間の子を出産していた。

ニールはビートルズの仕事を続け、「5人目のビートルズ」と呼ばれるほどビートルズを影で支えた。

ビートルズ解散後も、亡くなるまでアップルの代表を務めた。


ピート・ベストは「ビートルズになれなかった男」として有名になり、デッカレコード(オーディションでビートルズを落とした)から、自らのバンドでデビューも果たした。


ビートルズ旋風が巻き起こったのちもしばらくはリーゼントスタイルだったが、1965年のピート・ベストは、もうビートルズのような髪型に変わっていた。


ふと思う。

ピートは一生ビートルズに翻弄されてきた。

1962年当時、彼はどれくらい音楽に肩入れしていたのだろう。

そしてビートルズをクビになったとき、どれくらいビートルズを辞めたくないと思ったのだろうか。

「あのビートルズをクビになった!」とはいえ、まだレコードデビューもしていないリバプールだけのローカルバンドだったわけで。

それほどのショックがあったんだろうか。

その後、まさかビートルズがイギリス中、果ては世界中を席巻するとなんてことを、ブライアンのオフィス(ネムスレコード店内か)でクビを言い渡されたとき、果たして想像できただろうか。


いや、できなかったと思う。

マジか聞いてねーよ明日から仕事どーすんだよ、くらいのことじゃなかったか。

いや、実際にはピートはストイックな性格もあり、ある部分では裏切りを感じ、ある部分では冷静に受け止めたのではないかと思う。

本人は呆然として、どうやって家に帰ったかも覚えてなかった、と言っている。


ピート・ベストがドラムのビートルズの演奏は残っている。

悪くない。

リズムキープもほぼ完璧。

フィルインに乏しい印象を受けるが、非の打ち所はない。


しかし、リンゴが加入した"I Saw Her Standing There"を聴くと、ああ、これがビートルズだ、と。

途中でリズムが走りすぎたりするあたり、しかし4人の息はぴったり。

ロックのひとつの到達点を感じる。


ピート・ベストのままだったら、果たしてデビューアルバム"Please Please Me"でさえ完成していたかどうか。

それは分からない。

ちょっと想像しにくい。

このアルバムですでにリンゴはリードヴォーカルもとり、その個性は遺憾なく発揮されていた。


蛇足になるが、この曲の出だしの歌詞は、

"Well she was just seventeen, never been a beauty queen"

(彼女はちょうど17歳。美人コンテストで優勝したことはない)

とポールが書いていたのを、ジョンが、

"Well she was just seventeen, You know what I mean"

(彼女はちょうど17歳。ぼくの言う意味が分かるだろう)

に書き換えたという。

これだけでビートルズを好きでよかったと思える。

ジョンはポップミュージックの真髄を身につけて産まれてきたのだと思う。


ピート・ベストはミュージシャンとして活躍し続けることはなかった。

1967年、バンド解散。

パン工場でアルバイトをし、やがて市役所に勤めた。