検索
  • higouti

やあ暗闇君、ぼくの古い友達



中学生の頃のぼくの楽しみは、夜、閉めたあとの実家の喫茶店で音楽を聴くことだった。

ポメラニアンのシイも一緒だった。


店には「有線」が引かれていた。

リクエストの電話をかけてお願いすると、3曲目あたりにかけてくれる。

それをラジカセに録音して繰り返し聴いた。

(ちょさくけんてきにはいけないことだけど)

そうやって夜遅くまでいろいろな音楽を聴いた。


有線のスピーカーはマンガや雑誌の大きな本棚の上にあり、そこにラジカセを置いて、椅子に上がってRECボタンを押す。

曲が終わりそうになると、また椅子に上がって停止ボタンを押した。


時々ポメラニアンのシイが吠え、録音に入ってしまう。

リクエストし直すのも面倒だからそのまま聴いていた。

だからサイモン&ガーファンクルの"Sound Of Silence"のある箇所になると、いまだに頭のなかでシイの吠える声が再生される。


"やあ暗闇君、ぼくの古い友達

また君と話しにきたよ"


(サイモンアンドガーファンクルと言わずにサイモンとガーファンクルって言っていた)